記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建物状況調査(インスペクション)の活用が進む!?

宅建業法改正に伴い
2018.年4月より
建物状況調査(インスペクション)関する規定が施工されることとなりました。
「インスペクション」とは、住宅業界でいうと、建築物、基礎等の劣化状況、欠陥の有無等を専門の診断士が検査する
事です。


・媒介契約締結時
 宅地建物取引業者が売主または買主に、インスペクション業者をあっせん(紹介)できるかどうかを示し
 意向に応じあっせんする。

・重要事項説明時
 買主等に対して建物状況調査(インスペクション)の結果の概要等を説明

・売買契約締結時
 契約の成立時に建物の状況について当事者の双方が確認した事項を記載した書面の交付



今回の改正によって、検査が義務となるわけではありませんが、インスペクション導入が進む事となるようです。
中古住宅の質の向上、消費者(お客様)保護の強化ということになります。

もちろん当社でもご対応させていただいていますので、担当へお気軽にお尋ねください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

セイワエステート株式会社

セイワエステート株式会社
〒562-0001 (大阪府)
箕面市箕面1丁目3番15号
TEL: 072-723-3100
http://www.seiwa21.net/

最新トラックバック

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。